音韻論と音声学

上級の識字能力の基礎を作るためのフォノロジーとフォニックストレーニング。

フォノロジカル・アウェアネス(音声の認識力)、特にフォネミック・アウェアネス(言葉の1つ1つの音を聴く力)と文字の知識が英語を読む力をつける鍵だということが多くの研究により証明されています。言葉の音の構造を認識しないでフォニックスを学んでも意味がありません。
そこで、AIWINでは、生徒の年齢や成長に応じたフォノロジーとフォニックスのプログラムを作りました。
下記のイラストは、英語の読み書きの力をつけるための例と当園のフォノロジーとフォニックスのプログラムを構成する4つの主な柱を表したものです。

Early Nursery~Preschool

Phonological awareness

Areas of training:

  • Syllabification
    Mum | and | dad | are | the | best
  • Rhyming:
    Pat’s cat sat on the mat
  • icon_rhythm_handRhythm
    Pat’s cat sat on the mat
  • Sound/noise imitation:
    Oink, woof, neigh etc

Junior K~Kindy

Phonemic awareness

Areas of training:

  • Onset & rime:m-um, d-ad, b-est
  • Blending:p-a-t = pat
  • Segmentation:mat= m-a-t
  • Manipulation
    Initial sound: pat, mat, sat, fat
    Middle sound: pat, pot, Pete, pet
    Final sound: pat, pal, pan, pass

Phonics

Areas of training:

  • Letter-sound relationship:
    Consonants: cuff, cough etc
    Vowels: boar, bore etc

Mastering The Alphabetic Principle

Advanced English Literacy skills